DRIVE NODE

それは、駐車場の新しいカタチ

わたしたちが作る新しい駐車場のコンセプト、Drive Node。そこでは、駐車場を車での移動ネットワークにおける結節点(Node)と捉えます。

NodeとNodeが連携しあって新たなサービスを生み出すインターネットのように、わたしたちは駐車場と駐車場、駐車場と他の交通機関、駐車場と商業施設などが相互に連携するための仕組みをご提供します。こうして、地域社会における駐車場の新たな役割を創出し、そこから新たな価値を生み出していきたいと考えています。


Drive Node駐車場には、ETCアンテナが設置されます。車がETCアンテナの下を通過すると、ETCアンテナが車両に設置されたETC車載器のIDを自動的に読み取ります。

例えばその後、このお客様が商業施設を利用される場合、商業施設に設置されているQRコード読み取り装置で、お客様のスマホ画面の「Drive Node会員証」を読み取ることで、「Drive Node駐車場に駐車したお客様が提携先の商業施設で買い物をした」ことをDrive Nodeサーバーが認識します。

このような仕組みにより、駐車場相互間や駐車場と商業施設などとの連携サービスを提供することができます。Drive Nodeでは商業施設のほか、以下のような様々な施設との連携を目指します。


★★★特許出願中★★★

Drive Nodeの駐車場としての最大の特徴は、駐車料金のお支払いがキャッシュレスであること。駐車料金は車に乗ったままスマホで簡単にお支払いいただけます。さらに、2回目のご利用からは、出庫するだけで自動的に料金を支払うことができます。スマホの操作もいりません。サッと駐車してサッと帰る、車でのお出かけがいっそう楽しくなりますね。

また、ETCの認証機能を活用した様々な駐車場サービスも提供可能です。詳しくは、当社担当までお尋ねください。

料金支払いはキャッシュレス

Drive Node駐車場では、現金精算機での料金支払いは不要です。お客様は、車の中から、スマホで料金のご精算ができます。

決済は全てのクレジットカードに対応。QRを使ったコード決済などにも順次対応します。

雨の日やカンカン照りの夏の日など、屋外の精算機で料金を支払うのは、なかなか大変な作業ですが、Drive Node駐車場をご利用になれば、車の中から料金が支払えて大変便利です。

駐車料金の自動支払い

初めてDrive Node駐車場をお使いの際、自動支払いの登録をしていただくと、2回目からはどのDrive Node駐車場であっても、出庫するだけで自動的にお支払いが完了します。キャッシュレスなだけでなく、完全ハンズフリーでのお支払いとなります。料金額は、出庫後にお客様のメールに通知され、領収証もネットで閲覧したり、もちろん印刷もできます。

※自動支払いを行うには、ETC車載器を搭載している必要があります。

身障者専用スペースの確保

(※ETC認証機能活用例)

身障者車両のETC車載器IDを登録することで、「登録した身障者車両専用の車室」を設けることができます。ETCで認証するので、登録車両がETCアンテナに近づけばゲートやボラードが開いて、駐車することができます。利用する方は何もする必要がありません。もちろん、登録していない車両が近づいてもゲートやボラードは反応しませんので、身障者専用スペースに通常車両が駐車して身障者の利用の妨げになることを防止することができます。

また、時間帯によって身障者専用車室にしたり、通常車室にしたりと、運用を柔軟に切り替えることも可能です。


Drive Node駐車場は、相互に連携してこれまでの駐車場にはない新しいサービスを提供することができるようになります。以下にお示ししたサービスはいずれも未だコンセプト段階ですが、今後、Drive Node駐車場が増えるにしたがって、1つ1つのサービスの実現を目指していく予定です。

駐車場の周遊サービス

~駐車場相互間の連携~

観光地などにある複数のDrive Nodeが連携して、 一定期間内であれば何度でも定額で利用できる「周遊サービス」を検討中です。

観光地周辺にこんな駐車場サービスがあったら、車でお出かけしたくなりますね。

来客駐車場化

~駐車場と商業施設の連携~

小規模な駐車場であっても、近隣の商業施設とネットワークでつなげることで、来客駐車場として弾力的に利用することができます。

お買い物の際にスマホでDrive Node会員証を提示することで、駐車料金が商業施設側の負担になったり、割引が受けられるようになります。


パークアンドライド

~駐車場と公共交通機関の連携~

まちづくりと連携した駐車場施策を進める自治体等と連携し、駐車場利用者の公共交通機関への乗り継ぎサービスを検討中です。

Drive Node駐車場に車を停めたら、あとは公共交通機関に乗り継いだ際にスマホのDrive Nodeアプリで連携します。